ニュースリリース

「2011知的財産報告書」を発行

2012年6月28日
No.99

 株式会社ブリヂストンは、当社グループの知的財産活動への取り組みについてまとめた「2011知的財産報告書」を当社Webサイトに掲載しました。当社は、2004年1月に経済産業省が公表した「知的財産情報開示指針」に沿って2004年から知的財産報告書を発行しており、今回で9回目の発行となります。

 当社グループでは、知的財産を企業経営を支える重要な経営資源として位置付けており、企業価値の最大化に貢献する知的財産活動の基本方針として、次の3つの取り組みを掲げています。

1.グループ全体で知的財産権の最適な管理体制を整備・推進すること
2.グループ全体で知的財産サイクル(「創造」・「保護」・「活用」)を正循環させること
3.知的財産のリスクを最小化することにより、事業へ貢献すること

 本報告書では、2011年に成果のあった知的財産活動の事例と、今後取り組むべき課題をご紹介しています。具体的には、2011年に発表した商品の中から、「ラベリング制度」において最高グレードを達成した技術を搭載したタイヤ「ECOPIA EP001S」及び、「建築用免震ゴム」に関する戦略的な知的財産活動の事例をご紹介しています。

 本報告書を通じて、皆さまに当社グループの知的財産活動に対するご理解を更に深めていただきたいと考えています。

 なお、当社は紙資源節減の観点から、2009年より知的財産報告書の紙媒体での発行を行わず、下記WebサイトにPDF版を掲載しています。

◆WebサイトURL: http://www.bridgestone.co.jp/corporate/library/ip_report/index.html

本件に関するお問い合わせ先
<報道関係>広報第1課TEL:03-3563-6811
<お客様>お客様相談室TEL:0120-39-2936
 
以上