会社情報

ニュースリリース

ベトナムの乗用車用ラジアルタイヤ新工場の起工式を挙行-COO西海が事業を通じたベトナム経済発展への貢献について挨拶-

2012年7月2日
No.104

 株式会社ブリヂストンは、ベトナムのハイフォン市 ディンブー工業団地に建設する乗用車用ラジアルタイヤ(以下「PSR」)新工場の建設予定地で、ホアン・チュン・ハイ ベトナム副首相を始めとした政府関係者や日頃お付き合いのある各種事業団体の方々をお招きし、起工式を実施いたしました。

 起工式では、当社代表取締役COOの西海和久がまず挨拶を行い、成長するグローバル市場についての展望や、その中での当該工場の役割などについて述べ、「企業活動、及びそこで働く人々の雇用・人材育成を通して、ベトナム国、ハイフォン市の経済発展に貢献していきたい。」と言及しました。  加えて、Bridgestone Tire Manufacturing Vietnam Limited Liability Company社長の矢崎進が、今後の工場建設、事業立ち上げに対する意気込みを述べた後、参列者の方々と意見交換を行い、親睦を深めました。

 この新工場は、欧米や日本への市販用タイヤの輸出基地として、主として汎用タイヤを供給します。欧米や日本へ供給するPSRについては、現在タイのノンケー工場、インドネシアのカラワン工場でそれぞれその生産能力を増強しておりますが、更なる需要増へ対応するため、新工場の建設を決定いたしました。2014年3月に操業開始を予定しており、工事が完成する2016年上期には、日産約24,700本の生産能力を見込んでいます。

鍬入れ式の様子

写真(左):
鍬入れ式の様子
左-矢崎BTMV社長
中央-ハイ ベトナム副首相
右-西海COO


新工場の概要は以下の通りです。

1.工場建設予定地:ベトナム ハイフォン市 ディンブー工業団地
2.生産品目:乗用車用ラジアルタイヤ
3.敷地面積:約102万m2
4.操業開始:2014年3月予定
5.従業員数:約1,900人(2016年上期予定)
6.生産能力:約24,700本/日(2016年上期予定)



■2006年11月「中期経営に関する基本的な考え方」発表後の主な対外発表の位置付け
2011年以前の対外発表は除いています。
最終目標:タイヤ会社・ゴム会社として「名実共に世界一の地位の確立」を目指す

経営の基本方針:
1. 「更に上」を常に目指して、全ての製品・サービスで世界最高を目指す
基本戦略
(発表年 月 日)       主な対外発表
(1)戦略商品群への
積極的なリソース
投入
1. タイヤ
戦略商品
2012.02.17  大型スクーター用タイヤ『BATTLAX SC』新発売
2. 環境対応
商品・事業
3. 多角化事業 2012.03.30  中国・広東省開平市に新会社を設立
(2)基礎戦闘力の向上
(材料技術・生産技術)
(3)総合的企業活動の強化
2. 長期戦略を明確化し、事業領域の統合・拡大を推進する
 
2012.07.02  ベトナムの乗用車用ラジアルタイヤ新工場の起工式を挙行
3. 戦略的事業ユニット(SBU)制で真のグローバル企業を目指す
   
4. 「中期経営計画」を核に、全体最適のグループ経営を目指す
 

one team, one planetブリヂストンが世界共通の環境メッセージとして掲げた「One Team, One Planet」。
その意志は、グローバルに展開する一企業として、またその枠をこえてあらゆる人々と、地球のために、ひとつになること。
未来のすべての子どもたちが「安心」して暮らしていくために。

eco-Activities ブリヂストンが推進する環境経営活動を表すマーク
Ecologyの頭文字「e」を環境活動の土台として位置付け、そこから生まれた活動の成果 (芽) を「澄み切った空」や「生い茂る木々」としてシンボライズしています。

本件に関するお問い合わせ先
<報道関係>広報第1課TEL:03-3563-6811
<お客様>お客様相談室TEL:0120-39-2936
 
以上