【当世海外事情】トルコ/アクサライ- 食べ過ぎ注意、トルコ版ピザ「ピデ」

<はじめに>
ブリヂストングループは、世界中のさまざまな地域で事業活動を行っています。
そんな事業拠点の簡単な紹介と共に現地の食の情報を紹介して行くのが「当世海外事情」のコーナーになります。
このコーナーを通じて、当社グループの事はもちろんですが、世界中の様々な国の情報を知って頂ければと思いますので、お楽しみに!

早速ですが第1回はトルコです。
トルコに赴任している五十嵐さんから届いたレポートをお楽しみ下さい。

基礎知識:トルコについて

トルコ国旗

トルコ共和国
公用語:トルコ語
面 積:約78万km2(日本の約2倍)
首 都:アンカラ
人 口:約7,874万人(2015年、トルコ国家統計庁)

--------------
メルハバ!(トルコ語で「こんにちは」)
ブリヂストンのトルコ・アクサライの新工場の五十嵐がお伝えします。私はプロジェクトコーディネーターとして、需要の伸びが旺盛なトルコでタイヤの生産開始に向けた業務に取り組んでいます。

今日は、仲間ともよくご飯を食べに行く、おススメのレストラン「Kardeşler Etli Ekmek」を紹介します!

【当世海外事情】トルコ/アクサライ- 食べ過ぎ注意、トルコ版ピザ「ピデ」

現地スタッフからもお墨付きの人気店

ここは、工場のあるアクサライと隣県・コンヤで計8軒を展開しているレストランで、連日多くのお客さんでにぎわっています。

赴任当初はホテル暮らしが続いていたため、毎晩夕食をどこかで取る必要があり、また、新工場の立ち上げに多くの支援者が来ることも想定し、アクサライ市内のレストランの食べ比べをしていました。その時に行ったレストランのなかでもおいしく、支援者の方に紹介しても間違いないお店だと思いました。現地スタッフからもお勧めのお店です。

名物はピデとフルン・ケバブ

一押しメニューは、コンヤ名物のピデ。トルコ版のピザで、薄く延ばしたパン生地の上に挽肉、チーズ、トマトなどをトッピングしたもので、薄さと長さが特徴です。

生地が薄く手軽に食べられるため、食べ過ぎに注意が必要ですよ!

羊肉をオーブンで焼いたフルン・ケバブも人気メニューの一つ。トルコでは宗教上の理由から豚肉は食べません。その代わりとして、高価ですが羊の肉がよく食べられています。

【当世海外事情】トルコ/アクサライ- 食べ過ぎ注意、トルコ版ピザ「ピデ」
【当世海外事情】トルコ/アクサライ- 食べ過ぎ注意、トルコ版ピザ「ピデ」

アクサライはトルコの中でもイスラム教色が濃く、アルコールを提供するレストランはホテル内にある2軒のみ。このレストランでもお酒の提供はなく、ヨーグルトに塩と水を混ぜた「アイラン」という飲み物が肉料理に合い、よく飲まれています。

いかがですか?
ここは、市内のレストランでも断トツのおいしさ!
是非、お越しください!!

お店情報
Kardeşler Etli Ekmek
http://www.myaksaray.com/kardesler-etli-ekmek-aksaray/外部リンク

たくさんの大きな「ピデ」
たくさんの大きなピデ

新工場の概要
1.所在地 : トルコ共和国 アクサライ工業団地
(イスタンブールより東南約500km)
2.敷地面積 : 約96ha
3.生産品目 : 乗用車用ラジアルタイヤ

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148