【当世海外事情】タイ/バンコク- タイの歴史とアフタヌーンティー

ブリヂストングループは、世界中のさまざまな地域で事業活動を行っています。
そんな事業拠点の簡単な紹介と共に現地の食の情報を紹介して行くのが「当世海外事情」のコーナーになります。
このコーナーを通じて、当社グループの事はもちろんですが、世界中の様々な国の情報を知って頂ければと思いますので、お楽しみに!

サワディーカー!(タイ語で「こんにちは」)
今回はタイ・バンコクからお伝えします。
タイに赴任している桑野さんより届いたレポートをお楽しみください。

基礎知識:タイについて

タイ国旗

タイ王国
公用語:タイ語
面 積:約51.4万km2
首 都:バンコク
人 口:約6,800万人(2015年時点、国連人口基金推計)

タイ ブリヂストンの桑野がお伝えします。私はデビュティーゼネラルマネージャーとして、現地の同僚とより成長できる会社の基盤作りに日々努力しています。
今日は家族や友人がタイに来たときに、ちょっと贅沢に案内できる「Authors' Lounge」(オーサーズ ラウンジ)を紹介します!

ちょっと贅沢に、そして素敵に

チャオプラヤー川のほとりにあり、140年以上の歴史を誇るホテル、マンダリンオリエンタル バンコク。その中でも、ケーキやコーヒー、紅茶、タイのお菓子を使ったアフタヌーンティーが楽しめ、観光客にも人気のスポットがこのラウンジ「Authors' Lounge」です。特別な日に、家族や友人と悠久のタイを感じながら、いつもよりちょっと贅沢に、そして素敵に午後を過ごす最適な場所なんです。

それに、紅茶だけでなくおいしいお酒も飲めるので、お酒好きな私にとっては夢のような空間です!

文豪も愛したホテル

バンコク初の西洋風ホテルであり、ホテル専用の船でチャオプラヤー川を渡ることもできるので、タイの歴史を感じてもらう観光ポイントとして家族や友人を連れて行くことが多いです。(値段がちょっとお高めなので、頻繁には行けません!)また、Authors' Loungeという名のラウンジがあるこのホテルはサマセット・モーム、ジョセフ・コンラッドなどの多くの文豪達も愛した場所としても有名です。

いかがですか?
タイの文化を感じながらアフタヌーンティーを楽しめるお店に、是非、お越しください!!

お店情報
「Authors' Lounge」(オーサーズ ラウンジ)
48 Oriental Avenue, Bangkok 10500, Thailand
https://www.mandarinoriental.com/bangkok/fine-dining/authors-lounge/外部リンク

<タイの拠点情報>
1.本社所在地 :タイ バンコク市
2.設立    :1967年
3.事業内容  :乗用車用、トラック・バス用タイヤ等の製造・販売
4.生産工場  :ランシット工場(タイヤ)、ノンケー工場(タイヤ)

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148