ソーラーカーの実用性審査 - 2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(11)

アデレード市内のヴィクトリアスクエアで、実用性を競うクルーザークラスの審査が行われました。クルーザークラスは、レース中のエネルギー効率のポイントと、審査員による採点を加えて順位が決定します。

審査員は、「どの車を買いたいか」という観点で、次の5つの審査項目でそれぞれ0(Low)から10(High)の点数をつけます。

1. キャビンスペース、快適性
2. 特徴
3. 操作性
4. 魅力
5. ワイルドカード(特に素晴らしいと感じた点)

方向転換、縦列駐車の実技も行われます。

キャビンスペースのチェックでは、各チームが自転車やチャイルドシート、乳母車など、様々なものをソーラーカーに載せて審査員にアピールしていました。

翌日はいよいよ順位発表および表彰式です。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト
  • motobridge
  • technology_innovation