「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」が10月13日スタート!

「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」が10月13日スタート!

世界有数のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ、以下BWSC)」が10月13日に始まりました!スタートの熱気をお伝えします。

テスト走行

BWSCは、オーストラリア北部の都市ダーウィンをスタートし、南部のアデレードまでの約3,000kmを縦断する、過酷なレースで、主に世界の大学・若手技術者が参戦しています。

■BWSCスタート前の車両調整

車両整備風景

各チームは、9月頃からオーストラリアで、指令車とのコミュニケーションなどレースに向けた走行テストをしています。そして、スタート前は、スタート地点のダーウィンにあるコンベンションセンターで、車両の整備や車検などを行っています。

■ダーウィンのブリヂストンブース!?

BSブース

また、ダーウィンには、ブリヂストン特設ブースを設置しています。今回32チーム(2019年9月27日時点)に供給するソーラーカー用タイヤ「ECOPIA with ologic」の紹介や、BWSCと連動してオーストラリアの動物や文化のご紹介するイベントを行っており、多くのお客様に好評いただいています。

■サーキットでタイムトライアル?

BWSCは一斉スタートではなく、1台ずつスタートするため、その順番を決める予選があります。それが、前日にあるタイムトライアルです。

タイムトライアル

タイムトライアルは、ダーウィン郊外にあるヒドゥンバレーモーターコンプレックスのサーキットにて行われ、ラップタイムの早い順で翌日の出走順が確定します。今年のトップスタートは「Top Dutch Solar Racing」チームになりました。

■アデレードに向けてダーウィンをスタート

出走1番手

10月13日の8時半に、前日のタイムトライアルで第1番目の出走を勝ち取った「Top Dutch Solar Racing」チームがスタート。途中、数百kmごとにコントロールストップが設置されていて、各地点に決められた時刻までに辿り着き、30分間停車しなければなりません。ソーラーカーが走行できるのは8時から17時までとなっており、これから5~6日をかけてアデレードまでの約3,000kmを走破します。

今年のBWSCはスタートしたばかり。各チームの“挑戦”はこれからも続きます。
ブリヂストンは、タイトルスポンサーとしてだけでなく、若手の技術者のサポートを行い、次世代モビリティの開発にこれからも貢献していきます。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148