2019年の国内4輪モータースポーツ活動を振り返る

2019年の国内4輪モータースポーツ活動を振り返る

ブリヂストンは、2020年6月8日に2020年モータースポーツ活動のサポートについて発表しました。
2020年も「SUPER GT」を始め、「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「全日本ジムカーナ選手権」などに参戦する多くのチーム・選手にタイヤを供給します!
今回は、2019年の国内4輪レースについて振り返りたいと思います。

■ SUPER GT

SUPER GT

2019年4月岡山国際サーキットで開幕した「SUPER GT外部リンク」。11月ツインリンクもてぎの最終戦まで、GT500クラスでは計8戦の内7戦で当社のタイヤを装着したチームが優勝。ブリヂストンは、2019年は2年連続でGT500/GT300両クラスでシリーズチャンピオン獲得をサポートし、当社タイヤを装着頂いた多くのチームの活躍に貢献しました。

GT500クラスドライバーズ
1位 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S
(山下健太選手/大嶋和也選手)
2位 LEXUS TEAM KeePer TOM'S
(ニック・キャシディ選手/平川亮選手)
※ チームチャンピオン

GT300クラスドライバーズ
1位 ARTA
(高木真一選手/福住仁嶺選手)

※ チームチャンピオン
2位 K-tunes Racing
(新田守男選手/阪口晴南選手)

2020年も、GT500クラスは9チーム/GT300クラスは5チームにタイヤ供給します。

■ TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race

2019年の「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race外部リンク」は、3月に鈴鹿サーキットでスタート。最終戦の岡山国際サーキットまでの計8戦でプロフェッショナルシリーズの表彰台を独占、クラブマンシリーズエキスパートのシリーズランキングでは、当社タイヤを装着した選手がシリーズランキング1位と3位に入るなど、多くのチームに貢献しました。

プロフェッショナルシリーズドライバー/車名
1位 谷口信輝選手/KTMS 86
2位 阪口良平選手/大阪トヨタ86 Racing
3位 堤優威選手/ADVICS カバナ BS 86

クラブマンシリーズ
エキスパート
ドライバー/車名
1位 橋本洋平選手/カーウォッチBS86REVO
3位 鶴賀義幸選手/栃木トヨタBSED/T2F86

プロフェッショナルシリーズで優勝した谷口信輝選手は2年連続の優勝で、2020年3年連続タイトルを目指しています。
クラブマンシリーズエキスパートでは、当レース発足時より参戦している橋本洋平選手が苦節7年悲願の初優勝!

■ 全日本ジムカーナ選手権

全日本ジムカーナ選手権

ジムカーナは舗装された路面に任意に設定されたコースで1台ずつ車両が走行し、タイムを競うモータースポーツです。「全日本ジムカーナ選手権外部リンク」は、一般社団法人日本自動車連盟が主催するレースで、2019年は3月に筑波サーキットコース1000で開幕し、11月の鈴鹿サーキット南コースまでの計10戦で行われました。
全9クラスの内、当社タイヤを装着した選手が5クラスでシリーズチャンピオンを獲得。中でもPN2クラスで参戦している山野哲也選手は前人未到の通算114勝、19度目のシリーズチャンピオンになりました。

クラス順位ドライバー/車名
PN1 2位 小林規敏選手/マツダロードスター
PN2 1位 山野哲也選手/アバルト124スパイダー
2位 河本晃一選手/ニッサンフェアレディZ
PN3 1位 西野洋平選手/トヨタ86
2位 ユウ選手/トヨタ86
SA1 3位 橋本克紀選手/ホンダシビック EK9
SA3 1位 西森顕選手/ホンダNSX
SA4 1位 菱井将文選手/三菱ランサーエボリューション
3位 飯坂忠司選手/三菱ランサーエボリューション
SC 1位 西原正樹選手/スバルインプレッサWRX

2020年も当社タイヤを装着する選手・チームが、2019年以上の成績が残せるようにサポートしていきます。

■ 全日本カート選手権

全日本カート選手権

カートレースは、アマチュアからプロフェッショナルまで多くの方が参加できるレースであり、本格的にモータースポーツを始めたい多くの方が参加しています。その中の「全日本カート選手権外部リンク」は国内最高峰のレースで、4月の鈴鹿サーキット国際南コースでの開幕から11月のツインリンクもてぎ北ショートコースまで、計10戦が行われました。このレースも一般社団法人日本自動車連盟が主催するレースです。OKクラスでシリーズチャンピオンになった佐々木大樹選手は「SUPER GT」にも参戦しています。当社のサポート選手が2019年のOKクラスのシリーズ表彰台を独占するなど、多くの選手・チームに貢献しました。

OKクラスドライバー/チーム名
1位 佐々木大樹選手/TONYKART RACING TEAM JAPAN
2位 渡会太一選手/Drago Corse
3位 山田杯利選手/Team EMATY

ブリヂストンは、他にも様々なレースに協賛、そして参戦しているチーム・選手へタイヤ供給を行っています。
海外では、「Firestone」ブランドのタイヤを供給する「NTT INDYCAR SERIES」などがあります。

当社は、モビリティ社会に携わる一員として、国内外の幅広いモータースポーツ活動を通じて技術の研鑚につとめるとともに、自動車産業及びモータースポーツ文化の更なる発展に貢献します。
2020年のモータースポーツ活動も是非楽しみにしていてください!

GT2
Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148