SCHEDULE 大会スケジュール

BWSCは、太陽光を動力源として、
約5日間をかけてオーストラリア北部のダーウィンから
南部のアデレードまでの約3,000kmを走破する
世界最高峰のソーラーカーレースです。
世界中から集まる若きエンジニアたちの
夢を乗せて未来を駆け抜けます。
ここでは、10月開催予定の大会の詳細をご紹介します。

2019 BWSC SCHEDULE 大会スケジュール

(今後変更となる可能性があります)

  • 2019.10.7.静的車検
  • 2019.10.12.動的車検、チーム説明会、メディア説明会
  • 2019.10.13.開会式/レース開始
  • 2019.10.17.ゴールライン オープン
  • 2019.10.17-18.各クラス ゴール
  • 2019.10.20.表彰式

HISTORY 大会沿革

自動車技術の発展を目指して

World Solar Challenge の歴史は、1982 年にデンマーク出身の冒険家ハンス・ソルストラップとオーストラリアのレーシングドライバーであるラリー・パーキンスがソーラーカー「Quiet Achiever 号」でオーストラリア大陸を縦断し、車両の動力源としての太陽光発電の有効性を証明したことから始まります。その後、南オーストラリア観光局がスポンサーとなり、自動車技術の発展と従来型エンジンの代替促進を目的として、1987 年に第1回の World Solar Challenge が開催されました。
1999年からは隔年開催となり、技術の発展に合わせて18か月毎にレギュレーションを変更しています。2015年大会には、ソーラーカーの実用化を視野に入れた開発を推進することを目的にクルーザークラスが新設されました。
ブリヂストンは2013年の大会より冠スポンサーを務めており、また、低燃費タイヤ技術「ECOPIA with ologic」でチームサポートも行っています。

Until the start

13-20 Oct. 2019

STAY TUNED

  • Days
  • Hours
  • Minutes
  • Seconds