企業情報

経営のフレームワーク

経営の基本方針

中長期事業戦略構想

ブリヂストンは、「最高の品質で社会に貢献」を使命として掲げ、「2050年にサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」というビジョンを実現していきます。

この中長期を見据えたビジョンと、以下の3点を骨子とするビジョン実現のための事業戦略が中長期事業戦略構想です。

  • サステナビリティを経営の中核に据え、社会価値と顧客価値を両立し、競争優位を獲得
  • 独自のプラットフォームでソリューション事業を推進:Bridgestone T&DPaaS
  • 独自のビジネスモデルを構築:「コア事業」であるタイヤ・ゴム事業の強みを活かし、「成長事業」であるソリューション事業へ進化

    ピンチアウトしてご確認ください

  1. 「Bridgestone Tire and Diversified Products as a Solution」の略称。進化するモビリティ社会全体を支えるための当社独自のプラットフォーム。

中長期事業戦略構想の詳細はこちらをご覧ください。