空気バネ

産業用防振商品|空気バネ|アクチュエーター・アイソレーター

空気バネ:ベローズの構造

[1]防振ゴムの原理と振動伝達率

空気バネとは、柱状の圧縮空気を含んだゴムと布からなるベローズ(ふいご)のことを言います。ベローズ自体が、力を与えたり、過重に耐えるわけではなく、内部の空気がその役割を果たします。

当社では、2層構造を持ったベローズを標準品としていますが、正確に言えばその構造は以下の4層から成り立っています。

  1. 1.内層ゴム
  2. 2.1プライ(布コードで補強されたゴムの1層目)
  3. 3.2プライ(布コードで補強されたゴムの2層目で、1層目に対して特定のバイアス角度に設定されている)
  4. 4.外層ゴム

当社では、通常2プライの空気バネを標準品としていますが、高い内圧にも耐えうる、高強度空気バネもご用意しております。(「空気バネ選定一覧表(1.6MB)PDF」を参照下さい。高強度空気バネのスタイルNo.が表示されていないものはお問い合わせ下さい。)
この場合、標準タイプの2プライの構造を4プライに増やしたものと、布コードを特殊高強度コードにしたものと2種類あります。

ベローズは全てスタイルNo.で区別されています。この番号は加硫工程でゴムに刻印されています。(例えば、16、1T15M-6など)
しかし、これはあくまでもベローズの番号であり、組立てられた完成品はそれぞれに注文番号がついていますのでこれで分類されます。従いまして、ご注文の際は、スタイルNo.と注文番号をお知らせ下さい。(「空気バネ選定一覧表(1.6MB)PDF」を参照下さい。)

(例)
スタイル:No.22
注文番号:FS-M58-6381

これで、No.22面板加締めタイプの給気口が1/4BSPの標準品注文となります。