自動車部品

自動車用ウレタン製品

シートパッド製品概要

1968年に生産を開始して以来、その高い品質と優れた性能により、現在では日本を含めた世界4カ国 全9拠点でグローバルに生産され、多くの自動車シートに装着されています。
ブリヂストンの高い技術力は、お客様の様々なニーズに幅広く対応し、新しい課題にはその最適なソリューションをタイムリーに提案。自動車の優れた快適性を世界で創り出しています。

材料バリエーション

高分子材料の構造設計・新配合の設計から量産化まで、材料に関する技術領域を自社内で対応。高い技術力と蓄積されたノウハウにより、お客様の様々なニーズに対応するワイドな材料バリエーションを提供しています。

グラツキ低減新材料

車線変更やカーブを走行するクルマの挙動が乗員に及ぼすグラツキ振動モードに着目。
タイヤや防振ゴムの開発でも使用されるテストコースでの実車試験、及び台上試験設備を最大限活用した評価・解析を実施しています。
人間の感覚に迫る高度な快適性評価理論に基づき、ウレタンフォームのミクロ構造を分子レベルから新設計。
そのパフォーマンスがお客様から高く評価され、代表的なセダンに相次いで採用されるなど、実績を上げています。

製品・ものづくり技術

新材料により高い乗り心地性能を維持しながら、同時に生産プロセスを駆使することにより、お客様の要求する性能と軽量化及びコストの両立を実現した新技術など、1ランク上のイノベーティブな「ものづくり技術」で格差化。
様々な課題解決に向け、お客様にとって最適なソリューションをタイムリーに提案。これがお客様からの高い評価に繋がっています。