2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

ABOUT

scroll

BATTLAXとは

「BATTLAX」(バトラックス)は、ブリヂストンの二輪車用タイヤのブランドです。

1983年(昭和58年)の誕生以来、レースやスポーツ、ツーリングをはじめとしたモーターサイクルのカテゴリーに装着できるタイヤブランドとして、世界中のライダーに高く評価されてきました。

誕生から40年、レース用タイヤに始まり、そのラインアップはスーパースポーツ、ツアラー、アドベンチャーからスクーター用タイヤに至るまで幅広い用途のラインアップで、高い性能と品質を提供してきたBATTLAX。

各モーターサイクルメーカーとの協働で、バイクの特長を最大限に引き出すため、日々技術革新に取り組み、現在では多くの新車装着タイヤに採用されています。

レースタイヤとしての
BATTLAX

BATTLAXは、世界最高峰の二輪車レース、最も過酷といわれる耐久レースなどでシリーズチャンピオンを獲得。数々のシリーズ、カテゴリにおいて圧倒的な勝利を獲得し続け、鈴鹿8時間耐久レースにおいては15連覇を続けています。(2023年6月現在)

ブリヂストンおよびBATTLAXのモータースポーツにおける歩みを簡単に振り返ってみましょう。

オートバイ開発から参入、
そして
世界への足掛かりを掴む全日本への挑戦

ブリヂストンは1964年(昭和39年)にオートバイで市場に参入し、同時にOEタイヤの開発を開始しました。1983年(昭和58年)、BATTLAXブランドを立ち上げ、日本のモーターサイクルレースの隆盛に合わせて果敢に挑戦。バイアスのレーシングタイヤからラジアルに移行し、中排気量カテゴリで全日本チャンピオンを獲得、確かな手応えを感じることとなりました。

国内から世界へ~持ち前の技術力と
ヒトの力で
逆境を跳ね返し、
着実にポジショニングを確立していく

1987年(昭和62年)、国内GP250ccクラスではチャンピオンを獲得、確固たる技術力を背景に大排気量への挑戦を始めましたが、大排気量では後発のブリヂストンは苦戦を強いられることとなりました。しかし、あきらめることなく、開発と挑戦を続け着実に進化を続けていきました。

1991年(平成3年)、世界への挑戦はGP125ccから。並み居る世界の強豪を相手に勝利を重ねながら“いつかは最高峰のクラスを”の野望を抱きます。

“どうせ目指すなら最高峰クラスの頂点”。
崇高な志の元で突き進み、
世界チャンピオンを獲得!

世界グランプリ250ccフル参戦を目指していましたが“獲るなら頂点を目指せ”との社命により、欧州タイヤメーカーが圧倒的優勢の最高峰クラスへ参戦。2003年(平成15年)の初優勝からわずか4年で世界チャンピオンを獲得し、2015年(平成27年)まで世界最高峰の走りを足元から支えました。

鈴鹿8時間耐久ロードレースでは2006年(平成18年)の初優勝から連勝を重ね、国内最高峰:JSB1000クラスでも2010年(平成22年)から連続チャンピオン記録を更新。「ブリヂストンでは勝てない」と揶揄された時代から「ブリヂストンでないと勝てない」と言わしめるまでに。

現在では「FIM世界耐久選手権(EWC)」や「MFJ全日本ロードレース選手権」などのモータースポーツを支えるとともに、それらを通じてタイヤの限界性能を追求する技術の研鑽につとめています。

レースで磨かれた
BATTLAXTECHNOLOGY

レースでの数々の経験と、飽くなき勝利への挑戦、そして夢の実現から得られたものは、モータースポーツの分野だけでなくBATTLAXの幅広い用途のラインアップへと還元されていきました。

その技術の結晶が「BATTLAX TECHNOLOGY」です。

この圧倒的な技術から導き出せるものは、求められる用途に適した走りを実現すること、そして、どんな状況であっても揺るぎない安全性が担保されること。さらには、バイクに乗るよろこびを、路面から五感へ、そして体中で感じること。

戦うことを宿命として生まれたタイヤ

BATTLAXという名前は、「BATTLE=戦う」「AXE=斧(おの)」という言葉を由来としています。これはライダーやマシンにとって「戦う斧」を象徴しているといえます。

BATTLAXは、この攻撃的な言葉の組み合わせから「戦うことを宿命として」生まれたタイヤだといえます。それはレースでライバルと戦うこと、そして、己と向き合い、自分自身と戦うことを意味するものだと言えるでしょう。

斧は、石器時代から世界中で使われていた道具だといわれています。人類の文明を切り拓き、文化を育み、人類の進化と進歩をともに歩んできた叡智の象徴とも考えられます。

BATTLAXシリーズの
おもなラインナップ

BATTLAXレース戦績

1984

全日本モトクロス参戦

鈴鹿4耐 初優勝
RT HONEYBEE スリックタイヤ

1985

鈴鹿4耐 優勝
RT HONEYBEE スリックタイヤ

全日本RR参戦(GP250チャンピオン)
全日本RR参戦初年度にチャンピオン獲得’GP250cc:小林大

1986

GP500参戦

鈴鹿8耐久参戦、鈴鹿4耐初制覇
鈴鹿4耐優勝:スリックタイヤ
RTミラージュ関東&ビンテージ

全日本MX、IA125クラス初チャンピオン

1987

WGP日本グランプリ GP250ccスポット参戦優勝

鈴鹿4耐 優勝
ヨシムラ・ミラージュ・モトライオン&シェットGP-1RT

1988

鈴鹿4耐 優勝
ゼネラルMACH G100 テクニカル

1989

鈴鹿4耐 優勝
BEET RACING

全日本GP250クラス3連覇(〜91年)
1980年代後半にトップレベルのサプライヤーとなり、1989年に岡田忠之選手(Honda)により、初めてのシリーズチャンピオンを獲得する

1990

鈴鹿4耐 優勝
F.C.C. TSR 九州with 高武 宇川徹/柳川明

1991

WGP125参戦
世界最高峰の二輪レースへの挑戦へ向けた布石

ANA参戦、MX125_500初チャンピオン、MX2クラス参戦

1992

MX250、MX2クラス初チャンピオン

1997

SX250_MX125初チャンピオン

1998

スーパークロス全クラス制覇、MX3クラス参戦

2000

MX3クラス初チャンピオン

2002

世界最高峰の二輪レースクラスへの参戦開始

2003

ST600初チャンピオン、GP250クラス4連覇(〜06年)

2005

JSB初チャンピオン
伊藤真一選手が獲得以来、2008,2009年を除き2021年までタイトルを獲得

2006

鈴鹿8耐初制覇
2007年以降14連覇を達成。「ブリヂストン でないとJSB1000は勝てない」とまで言われるようになる

2007

世界最高峰の二輪レース初チャンピオン

2009

世界最高峰の二輪レースタイヤワンメイクへ

2015

世界最高峰の二輪レース撤退
2002年から2015年までの14年間で242の戦いを足元から支えた

2017

EWCフル参戦開始

2018

EWC海外戦(ル・マン24時間耐久レース)で悲願の初優勝、シリーズチャンピオンも獲得

2021

EWCシリーズチャンピオン2度目の獲得

2022

EWCシリーズチャンピオン3度目の獲得

2023

EWCシリーズチャンピオン4度目の獲得

BATTLAX 40th ANNIVERSARY Site