地域による気温差で求められるスタッドレスタイヤの性能は大きく違う

スキーやスノーボードを楽しまれている方なら、このゲレンデの雪質は良いとか悪いとか、仲間と語りあった経験があることでしょう。雪は気温にとても敏感で、気温変化によってその性質はかなり変わります。北海道や東北地方で降る雪と関東や関西で降る雪の違いはまさにこの外気温の違いが大きな理由です。気温の低い北海道ではパウダースノーに代表される雪や氷が主体の路面になり、本州では雪もしくは水分を多く含むシャーベット状の路面になるのが一般的。本州でもスキー場がある山間部に行くとまた雪質は大きく変わってきます。

地域による雪質の違い 地域による雪質の違い

氷雪路を安心・安全に走ることができるスタッドレスタイヤにはこのような様々な雪質に対応する性能が求められます。かつてブリヂストンでは雪質にあわせて開発した降雪地専用タイヤを販売していたこともありますが、技術の進化とクルマそのものの性能アップもあり近年ではあらゆる冬の路面に対応するスタッドレスタイヤを製造・販売できるようになりました。

ただしあらゆる雪質に対応できるようになったと言っても、冬の路面は十分な注意が必要です。スタッドレスタイヤを過信せず、ドライバーは常に気温の変化と雪質の変化を意識しながらドライブするよう心がけてくださいね。

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148