【当世海外事情】ブラジル/バイーア- 海の近くのレストラン

ブリヂストングループは、世界中のさまざまな地域で事業活動を行っています。
そんな事業拠点の簡単な紹介と共に現地の食の情報を紹介して行くのが「当世海外事情」のコーナーです。
このコーナーを通じて、当社グループの事はもちろんですが、世界中の様々な国の情報を知って頂ければと思います。

ボンヂーア!(ポルトガル語で「おはようございます」)
今回はブラジル・バイーアからお伝えします。
バイーア工場に赴任している後藤さんより届いたレポートをお楽しみください。

基礎知識:ブラジルについて

ブラジル国旗

公用語:ポルトガル語
面 積:851.2万km2
首 都:ブラジリア
人 口:約2億784万人(2015年時点、世界銀行)

バイーア工場の後藤がお伝えします。私は創業10周年を迎えたバイーア工場で、リードアドバイザーとして、現地の仲間とともにタイヤ作りに取り組んでいます。

今回は、海辺にあるレストラン「Casa di Vina」(カーサ ディ ヴィーナ)を紹介します!

食べて、聴いて、バイーアを味わう

おいしいバイーアの郷土料理が食べられるレストランです。お客さんが来た時に初めて来店しました。新鮮な海産物で作ったムケッカ(魚介をココナッツミルクで煮込んだシチュー)や100%のフレッシュココナッツウォーターにやみつきとなり、場内に流れるボサノバに酔いしれました。毎月末の土曜日にはライブ演奏も行っているそうです。時間が経つのも忘れ、仲間たちと楽しい時間が過ごせる、お気に入りの場所です。

(左)カイピリーニャ/(右)海老のムケッカ(2人前)

バイーア地方の代表的な郷土料理の一つ、ムケッカ。少し癖がありますが、ブラジル伝統のカクテル、カイピリーニャと一緒にいただくと一気にブラジルの世界に引き込まれます。飲みすぎに注意です。

建物はあの方のお宅

ホテルに属しているこのレストランは、名曲「イパネマの娘」を作詞したヴィニシウス・ヂ・モライスの住んでいた家を改築して造ったそうで、いたるところに彼の絵や写真があります。

いかがでしたか。
日本からは遠く感じるブラジルですが、雰囲気を少しでも感じ取っていただけたなら幸いです。

お店情報
Casa di Vina (カーサ・ディ・ヴィーナ)
R.Flamengo,44- Itapuã,Salvador-BA,41635-480
http://casadivinabahia.com.br/外部リンク

<バイーア工場概要>
1.所在地 : ブラジル、バイーア州 カマサリ産業地区
2.敷地面積 : 約100万m2
3.生産品目 : 乗用車用ラジアルタイヤ、小型トラック用ラジアルタイヤ
4.生産開始 : 2006年10月

【ブリヂストングループの拠点】

Follow Us
  • FacebookでBridgestone Blogをフォロー
  • TwitterでBridgestone Blogをフォロー
  • Youtubeをフォロー
Share
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • lineで共有
  • はてなブックマークに登録
  • ブリヂストン公式サイト_512×148
  • motobridge_512×148
  • technology_innovation_512×148
  • videogallery_512×148