企業情報

国内工場紹介

鳥栖工場

高性能・高付加価値タイヤの生産技術をグローバルに発信する拠点

鳥栖工場

操業開始:

1970年7月(国内タイヤ工場として6番目に操業開始)

敷地面積:

187,000m2

生産品目:

超偏平・高性能スポーツカー用タイヤを始めとする乗用車用、小型トラック用タイヤ

高性能、高付加価値タイヤのグローバル供給基地

鳥栖工場は1970年、ブリヂストン6番目の国内タイヤ工場として操業を開始しました。モータリゼーションの進展に伴い、高性能タイヤを生産できる拠点が必要となったため、創業の地久留米と筑後川を隔てて至近距離にある佐賀県鳥栖市に乗用車用ラジアルタイヤ専門工場を建設しました。現在では技術革新が更に進み、鳥栖工場はブリヂストングループの中でも最高水準の生産技術を持つ工場として高性能、高付加価値な乗用車用ラジアルタイヤを世界に供給しています。

「POTENZA」、「REGNO」、ランフラットタイヤ

鳥栖工場では、当社の「POTENZAJブランドや「REGNO」ブランドの中でも、特に偏平率(注)が低い高性能タイヤを主に生産しています。
また、パンクなどによってタイヤの空気圧が失われた壊合でも、一定距離を所定のスピードで走行できるランフラットタイヤも生産しています。ランフラットタイヤは、パンクした際も、危険な路上でのタイヤ交換をせすに安全な場所まで移動できるため、スペアタイヤが不要となり、車両の軽量化・燃費の向上、省資源化にもつながる、環境に貢献する商品です。

(注)偏平率:偏平率とは、タイヤの幅に対する高さの比率を表す数値です。また、偏平率が同じタイヤの総称を「シリーズ」といいます(例:65シリーズ)。

POTENZA S001 RFT
POTENZA S001 RFT
サイド補強型ランフラットタイヤのメカニズム
サイド補強型ランフラットタイヤのメカニズム
環境に配慮した工場を目指して

ブリヂストンは国内のすべてのタイヤ工場にコ・ジェネレーションシステム(注)を導入しており、鳥栖工場には、2003年12月に導入しました。このシステムは、5500kW/hの電力と蒸気を工場に供給し、熱効率を良くしてCO2の発生量を減らすことで、地球温暖化防止に貢献しています。ブリヂストンは、環境保全を企業経営の重要課題の1つと位置付け、環境に配慮した工場づくりを行っています。

(注)コ・ジェネレーションシステム:1つの燃料から電気や熱などの2つ以上の有効なエネルギーを発生させるシステム。ブリヂストンでは、発電時に発生する廃熱を利用して蒸気を発生させ、エネルギーを効率的に利用しています。

コ・ジェネレーションシステム
コ・ジェネレーションシステム
最高の生産技術を世界の姉妹工場へ

最新の生産技術やノウハウの多くが、鳥栖工場で開発され培われています。それらは人的・技術的な交流を通じて、姉妹工場をはじめとする世界各地の工場に広がり、グローバルでの高性能、高付加価値な乗用車用ラジアルタイヤの生産に活かされています。

地域社会の一員として

鳥栢工場は地域社会とのコミュニケーションにも力を注いでいます。
鳥栖工場と久留米工場の社員で構成される「ブリヂストン吹奏楽団久留米」は地元での定期的な演奏会に留まらず、米国や中国での演奏会を開催するなど、演奏を通じて世界の人々に感動を提供しており、2003年には地域文化功労者文部科学大臣表彰を受賞しました。また、ブリヂストンは2006年より日本プロサッカーリーグに所属する「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサーを務めています。同チームヘのスポンサーシップを通じて、地域の方々との交流を深めています。

ブリヂストン吹奏楽団久留米
ブリヂストン吹奏楽団久留米
サガン鳥栖
サガン鳥栖
鳥栖工場へのアクセス

所在地:

〒841-0061 佐賀県鳥栖市轟木町1000

電車でお越しの場合:

鹿児島本線 鳥栖駅下車 車10分

お車でお越しの場合:

九州自動車道 鳥栖ICより約20分

電話番号:

0942-83-5111(代表)

国内工場紹介 PDF版ダウンロード
Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。