2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

レポート 東京モーターサイクルショーに出展。
モータースポーツに強いブリヂストンをアピール!
<後編>

3年ぶりに開催された東京モーターサイクルショーに出展したブリヂストン。
今年のコンセプトは「Real Race, Real Sport, BATTLAX from Bridgestone Motorsport」

モータースポーツで活躍するブリヂストンを全面的に訴求しました。
レース生まれと言っても過言ではない「BATTLAX」ブランドの「断トツ」性能を感じてもらうブース紹介の後編です。

1. どのタイヤを履けばいいの?お悩み解決

ブリヂストン恒例のステージトークショーを行いました。「BATTLAXスポーツの世界」と題したステージではBATTLAXのプレミアムラジアル「BATTLAX RACING STRET RS11」、「BATTLAX HYPERSPORT S22」、「BATTLAX SPORT TOURING T32」を紹介しました。

ブリヂストンの顔とも言える元ホンダワークスライダーで現在は二輪ジャーナリストとして多方面で活躍している宮城光さん。わかりやすい説明には定評があります。

司会進行は佐藤恵さん。どんな話題でも臨機応変に対応。笑顔がステキです。

ブリヂストンモーターサイクルタイヤ株式会社社長:佐藤潤。自らもバイクレースに参戦。長年販売の最前線にいたのでお客様や販売店様の心情やニーズをしっかりと掴んでいます。

3商品の特徴、違い、どんなライダーを想定しているのか、など宮城さんと佐藤のインプレッションを交えて紹介。「どのタイヤを買ったら良いのか」悩んでいるお客様が多いので佐藤が回答。「先ずはご自身がどのステージで一番多くライディングするか、を決めてください。サーキット走行なのか、ワインディングなのか、長距離ツーリングなのか。そこから始まります」さらに「S22かT32で悩んでいる人」には「コーナリング中に腰をズラす人はS22を選んでください。そう言う人はコーナーを積極的に楽しみたい人が多いです」 これにはお客様も一様に納得していました。



■ BATTLAXスポーツの世界はこちらからご覧いただけます。


「BATTLAX RACING STRET RS11」「BATTLAX HYPERSPORT S22」「BATTLAX SPORT TOURING T32」の展示コーナー

RS11が標準装着タイヤの「KAWASAKI Ninja ZX-10R」を展示。

R11展示台はST600チャンピオンマシンの隣に設置。

2. BATTLAXのアドベンチャーシリーズ完成!

BATTLAXのアドベンチャーバイク用タイヤが3つのラインナップに増えました。オンロード走行用の「BATTLAX ADVENTURE A41」、ブロックパタンデザイン搭載の「BATTLAX ADVENTURE TRAIL AT41」、オフロード走行用の「BATTLAX ADVENTURECROSS AX41

タイヤ開発第3部門 MCタイヤ設計第2課の島村直貴。

開発者の島村直貴を迎え、新商品「BATTLAX ADVENTURE TRAIL AT41」の紹介、A41とAT41の違い、それぞれのタイヤが想定しているライダー像について説明します。特にAT41のデザインにはこだわったそうです。宮城さんと佐藤は全てのタイヤに乗っていますので、ライダー目線のわかりやすいインプレッションを紹介しました。

■ BATTLAXスポーツの世界はこちらからご覧いただけます。


「BATTLAX ADVENTURE TRAIL AT41」、「BATTLAX ADVENTURECROSS AX41」の展示コーナー

モトクロスレース用新商品「BATTLECROSS X31」も展示

3. 「走るわくわく」への想い

ブリヂストンはモータースポーツや、心を動かすモビリティ体験をサステナブルなタイヤ開発で足元から支えていきたい、と考えています。「10年後、20年後も"走るわくわく"が続いていくためにはどんなことが必要だと思いますか?」全日本ロードレースのライダー、レジェンドライダーにこんな質問をしました。そのメッセージを「Tomorrow Road」と題したコーナーに展示しました。
多くのお客様が応援しているライダー、お気に入りのライダーのコメントを読んで納得したり、写真に収めたりしていました。

中須賀克行選手、渡辺一樹選手、濱原颯道選手、青木宣篤さんは自分のメッセージを見つけてご満悦でした。


中須賀克行選手


渡辺一樹選手


濱原颯道選手


青木宣篤選手

4. 3日間、ありがとうございました。

3日間のモーターサイクルショーは大盛況のうちに無事終了しました。
新型コロナウィルス感染症対策を講じながらの開催でご不便をおかけしたかもしれません。
ご来場の皆様のご理解とご協力に改めて御礼申し上げます。お越しいただきまして誠にありがとうございました。来年もお目にかかれることを楽しみにしております。


東京モーターサイクルショーレポート<前編>はこちら


バックナンバー

購入サポート