企業情報

沿革

1930

当社の前身である日本足袋タイヤ部により第1号タイヤが誕生
(乗用車用/29×4.50 4P)

1931

福岡県久留米市に「ブリッヂストンタイヤ株式会社」を設立

1934

久留米工場(現 久留米第1工場)が完成、本格生産を開始

1935

ゴルフボールの本格的生産を開始

1937
  1. 本社を福岡県久留米市から東京に移転
  2. Vベルト、ゴムホースの製造と防振ゴムの試作を開始
1942

太平洋戦争にともない、社名を「日本タイヤ株式会社」に変更

1951
  1. 社名を「ブリヂストンタイヤ株式会社」に変更
  2. ブリヂストンビル(本社ビル)が竣工

1953

売上高が100億円を突破、国内業界首位に立つ

1956

創立25周年記念式典を久留米工場で挙行、記念事業の一環として石橋文化センターを建設、久留米市へ寄贈

1961

株式公開を実施(店頭 5月)、東京・大阪証券取引所に株式を上場(10月)

1962
  1. 我が国初のトラック・バス用スチールラジアルタイヤの開発に成功
  2. 東京工場敷地内に技術センターが竣工
1964

我が国初の乗用車用ラジアルタイヤを開発

1965

「ブリヂストン・マレーシア」がブリヂストンの海外工場としては戦後初めて操業開始

1966

CMソング「どこまでも行こう」放送開始

1967
  1. ブリヂストンタイヤショップ制度発足
  2. 米国ロサンゼルスに販売会社「ブリヂストン・アメリカ」を設立
1968
  1. 社是「最高の品質で社会に貢献」制定
  2. 卓越した品質管理を実施している企業に与えられる「デミング賞実施賞」を受賞
1970

第1回「ブリヂストンゴルフトーナメント」(現 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント)を開催

1976

創業者 石橋正二郎死去

1982
  1. コクピット1号店「コクピット厚木」がオープン
  2. 乗用車用スタッドレスタイヤを業界に先駆け発売
1983

米国ファイアストン社のナッシュビル工場を買収し、北米初の生産拠点を確保

1984
  1. コーポレート・アイデンティティの考え方を取り入れ、新しい理念を導入
  2. 社名を「株式会社ブリヂストン」に変更するとともに新しいコーポレートシンボルを採用
1988

米国第2位のタイヤメーカー「ファイアストン」社を26億ドルで買収、子会社化

1989

北米の子会社を再編、「ブリヂストン/ファイアストン・インク」(略称BFS)を設立

1990

欧州統括会社「ブリヂストン/ファイアストン・ヨーロッパ エス エー」(略称BFE)を設立

1993

スポーツ事業をブリヂストンスポーツ(株)に統合

1994

ブリヂストン/ファイアストン・ヨーロッパ エス エーを欧州統括事業会社とし、欧州における販売・物流機能を同社に統合(現 ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴイ/エスエー)

1995

ファイアストンタイヤがインディカー・レースに再参戦

1997

F1(フォーミュラ ワン)に参戦

1998

F1参戦2年目でブリヂストンタイヤ装着チームとドライバーがワールドチャンピオンを獲得

1999

ブリヂストンメタルファ(株)を吸収合併

2000
  1. 化工品技術センター(神奈川県横浜市)が竣工
  2. 新技術センター(東京都小平市)が竣工
2001
  1. コーポレートミュージアム「ブリヂストンTODAY」を開設
  2. 「ブリヂストン信条」「経営姿勢」「私たちの約束」「行動指針」から構成される企業理念を制定
  3. ブリヂストン/ファイアストン・インクが持株会社制を導入し、組織を再編(現 ブリヂストン アメリカス・インク)
2002
  1. 創業者 石橋正二郎「日本自動車殿堂」入り
  2. 経営ビジョン・ブランドビジョン・環境理念を制定
2003

安全宣言の制定と防災体制の再構築

2004

中国にタイヤ事業を統括する普利司通(中国)投資有限公司を設立

2005

日本市場向けとしては24年ぶりとなる新ブランド「Playz」を発売

2006
  1. 創業者 石橋正二郎「米国自動車殿堂」入り

  2. 戦略的事業ユニット(SBU)、グローバル経営プラットフォーム(GMP)、グローバル本社(GHO)からなる組織改革を実施
2007

リトレッド事業のリーディングカンパニー「バンダグ」社を買収、子会社化

2009

「北九州工場」が国内タイヤ工場として10番目に操業開始

2011

創業80周年を機に企業理念とブリヂストンシンボル(ブランドロゴ)をリファインし、新たなタグライン「あなたとつぎの景色へ」を制定

2013

グローバル経営執行会議「Global EXCO(Global Exective Committee)」設置

2014

ワールドワイドオリンピックパートナーに決定

2016
  1. 人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を海外工場で展開
  2. タイヤの状態を遠隔でリアルタイムにモニタリングする「Tirematics」を活用した新たな運送ソリューションの実証試験を開始
2017

グローバルCSR体系「Our Way to Serve」を制定

2018
  1. ワールドワイドパラリンピックパートナーに就任
  2. グローバルサステナブル調達ポリシー、グローバル人権方針、行動規範「Bridgestone Code of Conduct」を策定
2019

Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業(現 Webfleet Solutions)を買収