1960
東京工場設立
1931年に福岡県久留米市で創業、タイヤの製造販売を始めたブリヂストンは、1950年以降のモータリゼーションの動きを受け、新しい⽣産拠点として東京都⼩平町(現:小平市)に東京工場を設立しました。東京⼯場の基本レイアウトは創業者・⽯橋正⼆郎⾃ら構想したものです。従業員の家族が何不⾃由なく⽣活し、従業員が安⼼して働けるようにしたいという思いから、近隣には福利厚⽣施設を充実させました。
Close
1962
技術センター竣工
1962年4月に技術センターが竣工。研究スタッフは350名を数え、最新鋭の設備が導入されました。当時、これだけの総合研究所を持つ企業は、国内のゴム業界では当社しかなく、研究開発に関しては業界の先端をゆくことになりました。
Close
1966
東京工場内に実車試験場を設置
「スキッドパッド」と呼ばれる、車が濡れた路面を旋回する際の耐スリップ性能をテストするための円形試験路面が東京工場の敷地内に設置されました。
Close
1972
技術センター拡張
1962年に建設した技術センターは、人員の急増によって手狭となったため、隣接する独身寮2棟を移動し、その跡地に技術センターの新館を建設しました。
Close
1979
高性能乗用車用タイヤ「POTENZA」発売
技術センターで開発した高性能タイヤ「POTENZA RE47」を発売しました。今日では、「POTENZA」はブリヂストンを代表するスポーツタイヤブランドとなっています。
Close
1997
最高峰のモータースポーツF1™参戦
1997年に、欧州市場でのブリヂストンブランドイメージの向上、知名度アップを狙ってF1™に参戦。翌1998年には小平の技術センターで作られたブリヂストンのタイヤを使用するチームが年間チャンピオンを獲得しました。
Close
2000
新技術センター竣工
新しい研究開発施設として現在の技術センターを建設しました。ブリヂストングループの研究開発の中心を担う拠点となっています。
Close
2001
企業博物館「ブリヂストンTODAY」開館
創立70周年の記念事業の1つとして、ゴムとタイヤの企業博物館「ブリヂストンTODAY」を開館。これまでの延べ25万人のお客様にご来場いただきました。
Close
2020
企業博物館を「Bridgestone Innovation Gallery」にリニューアル
企業博物館を「Bridgestone Innovation Gallery」としてリニューアルオープン。ブリヂストンのこれまでの歩みやDNA、事業活動、さらに未来への取り組みをご紹介しています。
Close
Prev
Next
Close

Area

Play
Close
Scroll
01

新しい価値を創造する
ブリヂストンのイノベーション拠点

Vision

02

ブリヂストンは東京都小平市にある研究開発拠点を、
社会、お客様、パートナーとつながり、
新たな社会価値と顧客価値を生み出していくための
複合エリア「Bridgestone Innovation Park」としてリニューアルします。

動画を再生する
動画を再生する

Global CTO Message

Global CTO Message

株式会社ブリヂストン
執行役 専務 Global CTO(Chief Technical Officer)
坂野 真人
03

変化をチャンスに

自動車業界は今、CASE(コネクテッド、自動運転、カーシェア、電動化)やMaaS(サービスとしてのモビリティ)に代表される大きな変革期を迎えています。私たちはこれらの変化を、新しい価値を創造して社会・お客様に提供していくチャンスだと捉えています。

培ってきた強み

ブリヂストンには、長年に渡る製品開発・素材開発で培ってきた“ゴムを見る・解く・操る技術”とそこから得られた“膨大なデータ”、モノづくりの現場で培ってきた“匠の技”があります。これらの“ゴムを極めたリアル”は私たちの研究開発の基盤であり、最大の強みでもあります。

デジタルとの融合

私たちは、これらの“技術”、“膨大なデータ”、“匠の技”を独自のシミュレーション・アルゴリズムなどの“デジタル”でつなぎ活用することで、ゴムを極めた“強いリアル”をさらに強くすることが出来ます。“強いリアル”と“デジタル”を融合することで、ブリヂストンならではのイノベーションを生み出します。

Solutions for your journey

さまざまなステークホルダーと共に、強いリアルとデジタルの融合で生み出す技術イノベーションで、社会価値・顧客価値を共創していく、これがこれからのブリヂストンの研究開発です。

Area

Bridgestone
Innovation Gallery

ブリヂストンを体感する。

2020年11月に企業博物館をリニューアルオープン。ブリヂストンのこれまでの歩みやDNA、事業活動、さらに未来への取り組みをご紹介しています。

公式サイトへ

B-Innovation

価値を共創する。

社内外のさまざまなステークホルダー・パートナーと交流し、新たな価値を共創するオープンイノベーションの拠点です。
(2021年11月竣工予定)

B-Mobility

すぐ作る、すぐ試す。

B-Innovationで生み出された新たなアイデアや試作品を、素早くテストするための解析設備やテストコースを備えたエリア。スピーディな研究開発を実現します。
(2021年11月竣工予定)

History

ブリヂストンと小平

ブリヂストンの創業者 石橋正二郎は、1960年代に「モータリゼーションの発展」「地域と従業員のコミュニティの創設」「地域の環境と働く人の健康」への
想いを込めて、東京都小平市にタイヤ工場と研究開発拠点である技術センターを設立しました。

1960
1962
1966
1972
1979
1997
2000
2001
2020
1960
東京工場設立
VIEW MORE
1962
技術センター竣工
VIEW MORE
1966
東京工場内に実車試験場を設置
VIEW MORE
1972
技術センター拡張
VIEW MORE
1979
高性能乗用車用タイヤ「POTENZA」発売
VIEW MORE
1997
最高峰のモータースポーツF1™参戦
VIEW MORE
2000
新技術センター竣工
VIEW MORE
2001
企業博物館「ブリヂストンTODAY」開館
VIEW MORE
2020
企業博物館を「Bridgestone Innovation Gallery」にリニューアル
VIEW MORE

TOPICS

Page Top