環境 | CO2を減らす

お客様の使用時に排出されるCO2の削減に貢献

ブリヂストングループは、2030年までに商品・サービスのライフサイクル、バリューチェーン全体(Scope 3※1)を通じて、当社の生産活動により排出するCO2排出量(Scope 1、2※1)の5倍以上のCO2削減に貢献していく※2ことを目指しています。「断トツ商品」・「断トツサービス」によるソリューションを提供しながら、原材料調達、流通、お客様の使用時、再利用・リサイクルの過程におけるCO2削減に貢献していきます。お客様・パートナーの皆様と共に社会全体のCO2削減に貢献し、またお客様のCO2削減やカーボンニュートラル化に寄与することで、差別化、競争力強化を図ります。

  1. ※1Scope 1は企業が直接排出するCO2(自社工場のボイラーなどからのCO2排出)、Scope 2はエネルギー起源間接排出(電力など他社から供給され、自社で消費したエネルギーに伴うCO2排出)、Scope 3はライフサイクルにおける原材料調達、流通、顧客の使用と廃棄・リサイクル段階のCO2排出量などを指しています。
  2. ※2基準年:2020年

タイヤ事業における低炭素技術と環境対応商品

CO2削減貢献の拡大

タイヤのライフサイクル全体で見ると、製品使用時のCO2排出量の割合が最も大きく、全体の約9割を占めています※1。お客様が使用する際に排出されるCO2の削減に貢献する商品・サービスとして、環境性能と運動性能を両立する革新的なタイヤ技術「ENLITEN」を搭載した低燃費タイヤや運行管理サービスを提供するモビリティソリューションの開発、拡充を進めています。

2021年は、タイヤの転がり抵抗低減を進め、バリューチェーン全体の活動と合わせたCO2削減貢献量は約158万トン相当※2となり、生産活動により排出するCO2排出量の0.5倍となりました。今後もモニタリング方法の改善を進めながら、CO2削減貢献を拡大していきます。

  1. ※1日本自動車タイヤ協会編「タイヤのLCCO2算定ガイドラインVer.3.0.1」
  2. ※2一般社団法人日本自動車タイヤ協会「タイヤのLCCO2算定ガイドライン Ver.3.0.1」をベースにブリヂストン独自の算定方法で算定

環境対応商品・サービス事例

ブリヂストンでは、主力事業であるタイヤ事業で多様なニーズに応えた環境対応商品を開発・販売しています。転がり抵抗の低減、軽量化などを図り、車両の燃費向上を実現し、ウェットグリップ性能を高めた「ECOPIA」ブランドを筆頭に、高い静粛性と低燃費性能を実現した「REGNO」ブランド、プレミアムスポーツタイヤの環境対応商品「POTENZA S007A」など、多様な商品で環境負荷低減に貢献しています。

低燃費タイヤブランド「ECOPIA」シリーズ

低燃費タイヤ「ECOPIA EP001S」は、当社独自の材料技術であるナノプロ・テック™と、モータースポーツ用タイヤ開発で培ったグリップ向上技術を融合した製品です。さらに、当社開発のグリップ向上を実現するパタン設計と組み合わせることで、相反する性能である低燃費性能とウェットグリップ性能を両立させ、「ラベリング制度」において最高グレード(低燃費グレード:「AAA」、ウェットグリップグレード:「a」)を実現しています(業界初)

※タイヤ公正取引協議会にグレーディング用試験データを申請し受理されたことを意味します。

環境負荷低減に貢献する商品例
これまでにない低燃費タイヤ技術「ologic®
環境対応商品マーク

ブリヂストングループの低燃費タイヤ技術「ologic」は、次の2つの特徴によって優れた低燃費性能を実現しています。

  1. タイヤを大径・高内圧化(充填空気圧を高圧化)することで、タイヤが路面と接地する部分の変形を大幅に抑制し、転がり抵抗を低減。
  2. タイヤを狭幅化することにより、車の燃費向上に関わる重要な特性である空気抵抗を低減。

さらに、ゴムや補強層の素材・構造・形状を最適化することで、転がり抵抗係数は従来の一般的なタイヤに比べて約30%低減しました。同時に、安全性能である濡れた路面での制動性能も約10%向上しました。

「ologic」技術を採用したタイヤ「ECOPIA with ologic」は、BMWが開発した画期的な電気自動車BMW i3や世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge」において多くのチームに供給されています。

ブリヂストングループは、「モノづくり」におけるCO2排出量の削減を進めるとともに、さらなる低燃費タイヤの技術開発とグローバル展開を推進しながら、燃費の向上を通じて走行中のCO2排出量削減に貢献していきます。

  1. ※ ologic技術を搭載したタイヤ(サイズ:155/70R19、充填空気圧:320kPa)と同等の負荷能力を有する従来のタイヤ(サイズ:175/65R15、充填空気圧:210kPa)を比較したものです。
世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge」の支援

「Bridgestone World Solar Challenge」は、世界有数のソーラーカーレースで、オーストラリアのダーウィンからアデレードまでの3,000kmを走破するものです。「ソーラーカーの開発への貢献」「若きエンジニアのサポート」「太陽光を動力源として活用することによる環境への貢献」を主目的として1987年に開始し、参加チームはこのレースに向け、世界で最もエネルギー効率の高いソーラーカーの設計、製造、開発に挑戦しています。ブリヂストングループはタイトルスポンサーとして同大会をサポートするだけでなく、出場チームへのソーラーカー用タイヤ「ECOPIA with ologic」の供給も行い、モビリティ社会や環境に貢献するとともに、若手技術者の支援を行っています。

環境性能と運動性能を両立する革新的なタイヤ技術「ENLITEN(エンライトン)」

モビリティの進化と持続可能性へのニーズに応えるため、当社グループは、電気自動車に最適な革新的タイヤ基盤技術「ENLITEN」の開発を推進・強化し、欧州を起点に新車用タイヤへの実装を進めてきました。「ENLITEN」は、当社グループの「断トツ商品戦略強化」の中核を担い、タイヤの大幅な軽量化と転がり抵抗低減、原材料あたりの摩耗ライフの向上などにより、省資源化や環境負荷低減に貢献すると共に、従来はトレードオフの関係にある運動性能や耐久性などの諸性能との両立を可能にするタイヤ技術で、EVの航続距離の延長に貢献します。

今後は、「ENLITENビジネス戦略」として、商品、ビジネスモデルに価値を拡大していきます。EV時代の新たなプレミアム戦略を構築し、お客様一人ひとりに合わせたタイヤ性能のカスタマイズと、バリューチェーン全体の生産性向上、コスト最適化といった二律背反の価値を同時に創出していきます。その実現に向け、シンプル化と差別化を可能とするコモナリティ・モジュラリティとも連動した、開発・生産プロセスのイノベーションを推進し環境負荷を低減すると共にビジネスの成長を目指していきます。

ENLITENを通じてEVの普及を支える

「ENLITEN」拡大の起点となる欧州において、EV向けの新車装着を拡大しています。2021年に欧州で販売されたEVの人気車種トップ10※1のうち、約半数が当社グループのタイヤを装着しています。当社グループの欧州にある開発拠点では、開発リソースの30%以上をEV向けタイヤに投入し、「ENLITEN」の拡大、イノベーションなどに注力しています。欧州での乗用車向け市販用タイヤへの「ENLITEN」技術搭載率を、2023年に約10%、2024年に約70%、2030年には90%以上をターゲットとして拡大していきます。

  1. ※1 VW iD3, VW iD4, Tesla Model 3, Renault ZOE, PEUGEOT E-208, Mercedes EQB, Fiat 500, Nissan LEAF, Mercedes EQC, PEUGEOT E-2008。2021年1-7月車種別販売台数に基づく当社推定。下線の5車種が当社タイヤを装着。

また、当社グループは、オランダLightyear社※2が開発を進める太陽光発電電気自動車「Lightyear One」向けに「ENLITEN」を搭載した特別仕様タイヤ「TURANZA ECO」を開発しました。「ENLITEN」に、優れた低燃費性能を実現するタイヤ技術「ologic(オロジック)」を組み合わせることで、更なる転がり抵抗低減を実現し、EV電動自動車の長距離航続を支えます。Lightyear社と当社グループは、当社がタイトルスポンサーを務めるソーラーカーレースBridgestone World Solar Challengeにおいて、サステナビリティの課題に応えていこうとする点で共感し、9年以上にわたり共創活動を続けてきました。「TURANZA ECO」の開発は、技術イノベーションをもとにこの共創活動が新たなステージにステップアップしたものです。

  1. ※2 クリーンなモビリティを誰でも、どこでも利用できるようにすることを使命とし、エネルギー効率の高いデザインと太陽光パネルを搭載した電気自動車を開発する、2016年設立のオランダ企業

新興EVメーカー、Fisker社との共創

2021年8月、米国の新興自動車メーカーであるFisker(フィスカー)社と、電動SUV「Fisker Ocean(フィスカー オーシャン)」向けのタイヤを開発・供給するパートナー契約を締結しました。「Fisker Ocean」には、「ENLITEN」を搭載した特別仕様タイヤ「POTENZA SPORT(ポテンザ スポーツ)」が装着され、2023年に欧州で発売される予定です。世界で最もサステナブルな自動車の提供を通じて次世代のモビリティへの貢献を目指すFisker社が、当社グループの「サステナビリティビジネス構想」の実現へ向けたバリューチェーン全体での取り組みについて共感いただいたことが出発点となりました。「POTENZA SPORT」の開発においては、当社グループ独自のタイヤ開発シミュレーション技術による効率化に加え、モノづくり領域でも技術イノベーションによるCO2削減や資源生産性の向上に大きく貢献しています。

運送ソリューション:運行管理サービス「WEBFLEET」

当社グループは、車両テレマティクスデータを活用した運行管理サービス「WEBFLEET」を展開し、運行状況に関する様々なデータの管理・提供を通じて、ドライバーや運送事業者の安全性・生産性・経済性の向上に貢献しています。欧州を中心に2021年末時点で約80万台の契約台数を、2022年には約85万台に伸ばすことを計画しています。

車両の運行データと、当社グループがこれまで培ってきたタイヤに関する摩耗や耐久などの知見を組み合わせることで、それぞれのお客様の固有の運行条件やニーズを踏まえた最適な商品やサービスの提供、輸送運行オペレーションの効率化の提案など、より一層幅広いソリューションを提供できます。さらに、このソリューションを通じて蓄積された車両の稼働状況やタイヤの使用状況などのデータを活かすことによって、お客様のニーズや用途に応じた高品質のタイヤを、これまでにないスピードで開発することが可能となります。「WEBFLEET」を通じて、輸送運航オペレーションの効率化による燃費向上や、CO2排出量の削減にも貢献しています。

多角化部門における環境対応商品・サービス事例

省エネベルト「BEATRON (ビートロン)」

コンベヤベルトの操業においては、ベルトがローラー上を通過する際に発生する乗り越え抵抗などにより、エネルギーの消費が大きくなります。

ブリヂストンが開発した省エネルギーベルト「BEATRON」は、ゴム粘弾性特性の最適化設計により、この乗り越え抵抗を低減しました。この「BEATRON」を実際の長距離コンベヤラインに装用し電力を測定したところ、約30%以上低減できたという結果が得られました。

  1. ※ コンベヤ仕様や使用条件によっては、電力低減効果は変わります。

低燃費ゴムクローラ「Vortech®(ボルテック)」

ブリヂストンが開発した低燃費ゴムクローラ「Vortech®(ボルテック)」は、装着する建設機械から発生するCO2の削減に貢献する、新世代のゴムクローラです。

「Vortech®(ボルテック)」は、従来品と同等以上の耐久性能を確保しつつ、内部構造やトレッドパターンを最適化し、ゴムクローラが回転する時に発生する屈曲抵抗を大幅に低減させます。そうすることで駆動ロスを削減して車両の燃費を改善すると共に、車両の軽快な動きや、作業効率の改善にも貢献します。

※クローラ仕様、稼働条件等により効果は変動します。

難燃性の省エネルギーコンベヤベルト

ブリヂストングループは、低燃費タイヤ「ECOPIA」の開発で培ったゴム材料開発技術を応用し、省エネルギー性能を付加した難燃性のコンベヤベルトを全世界で販売しています。

ベルトコンベヤの運転中に発生するエネルギーロスの最大の原因は、ベルトがローラーを乗り越える際の抵抗(ローラー乗り越え抵抗)です。このローラー乗り越え抵抗に着目し、タイヤ事業で培ったゴム材料開発技術を導入することで、難燃性を維持しながら省エネ性能を追求したコンベヤベルトの開発に成功しました。当社グループは、鉱山、港湾、発電所などのお客様に対し、操業コスト削減のご提案として、製品をご紹介しています。この製品の開発を十分に活かし、さらに幅広いお客様のニーズにお応えしていきます。

長距離 水平コンベヤ(約2kmの在来ベルトの一例)
  1. ※ お客様の使用条件など、適合性を確認した上で販売します。

高耐圧性の水素充填用ホース売

ホース写真
水素ステーションでの使用例

昨今、水素社会の実現に向けて自動車の開発やインフラの整備が進んでおり、各地で水素ステーションの設置がさらに進んでいます。水素ステーションでは、ホースを使用して水素をタンクから車両に充填しますが、このときの水素は高圧に圧縮されているため、使用するホースには高耐圧性が求められています。現在、国内の水素ステーションにおける水素充填時の最高圧力は最大70MPaから82MPa(メガパスカル)へと充填圧力が引き上げられています。これにより、水素の充填量を増やすことができ、航続距離延長や充填時間の短縮にもつながっています。2015年の商品化を実現して以降、82MPaの耐圧性を有するホースでブリヂストンは水素社会の実現に向けたさらなる利便性の向上に貢献しています。