Environment(環境) | 資源を大切に使う

環境長期目標(2050年以降):100%サステナブルマテリアル化

100%サステナブルマテリアル化の考え方

将来、人口や自動車台数の増加により、タイヤなどの需要も拡大することが予測されています。その結果、資源消費が増大し、資源枯渇などの問題に直面する可能性があります。ブリヂストングループは、資源枯渇などの問題に対し、技術イノベーション、ビジネスモデルイノベーションを通じて、持続可能な資源の利用に取り組んでいきます。2050年以降を見据えた環境長期目標では、製品の原材料の「100%サステナブルマテリアル化」を掲げています。

当社グループでは、「継続的に利用可能な資源から得られ、事業として長期的に成立し、原材料調達から廃棄に至るライフサイクル全体で環境・社会面への影響が小さい原材料」をサステナブルマテリアルと位置付けています。

100%サステナブルマテリアル化に向けたアクション

バリューチェーン全体を通して、使用する資源を減らす(リデュース)、資源を循環させる(リユース、リサイクル)、再生可能資源を拡充・多様化する、という3つのアクションを進めていきます。

  1. 1.
    そもそもの原材料使用量を削減
    対応例
    ・軽量化技術
    ・耐久性向上・長寿命化技術
    ・製造時のロスの低減
  2. 2.
    資源を循環させる&効率よく活用する
    対応例
    ・リトレッド技術・ソリューション
    ・再生ゴム、再生カーボンブラック
  3. 3.
    再生可能資源の拡充・多様化
    対応例
    ・天然ゴムの生産性向上技術
    ・天然ゴム供給源の多様化(グアユール)
    ・バイオ由来の原材料の開発

マイルストン2030: サーキュラーエコノミーへの貢献促進

経済成長により、資源消費が増大し、資源需給が逼迫していくことが予測される中、天然資源の枯渇、資源価格の高騰などが深刻化しています。資源をより賢く、持続的に利用することは環境問題への貢献はもとより、社会や当社グループの事業にとっても、重要なことです。ブリヂストングループはサーキュラーエコノミー※1の実現に貢献することで、単に環境問題を緩和するだけでなく、新しいビジネスモデルを創出し、持続可能な経済成長につなげていきたいと考えています。

ブリヂストングループは当社独自の技術・ビジネスモデルの創出により、商品のライフサイクル、バリューチェーン全体を通じて社会・お客様・パートナーと新たな価値を共創していきます。

当社グループは、再生資源、再生可能資源由来の原材料の使用(マテリアルサーキュラリティ※2の向上)、使用済みタイヤの有効利用(プロダクトサーキュラリティ※3の向上)を含む包括的な取り組みを加速させ、サーキュラーエコノミーの実現に貢献します。

Key actions

・サステナブルマテリアルの拡充に向けたロードマップの策定と実施
・資源生産性の継続的向上
・プロダクトサーキュラリティの継続的向上(使用済みタイヤの有効利用)
・使い捨てプラスチックの削減への貢献に向けた方針/ロードマップの策定と実施

Focused target

・2030年までに再生資源または再生可能資源に由来する原材料の比率※4を40%に向上する

マイルストン2020では、2019年に資源生産性を2005年比33%向上させましたが、環境長期目標「100%サステナブルマテリアル化」に向けては、さらにイノベーションを進め、再生資源または再生可能資源に由来する原材料の比率を向上させることが重要だと考え、この取り組みを加速させていきます。

この目標の実現を目指す中で、商品のライフサイクルの全体においても、 「長寿命設計」、「再生可能資源活用」、「リトレッド」、「リサイクル」、「リペア」、「シェア」など、多様な取り組みを進めていきます。

サーキュラーエコノミーの実現に向けたブリヂストングループのアプローチ
サーキュラーエコノミー
への貢献領域
ブリヂストングループの
アプローチ
取り組み例
資源生産性の向上
  • 長寿命/省資源設計による断トツの商品のさらなる競争力強化
  • 共同利用、サービス/サブスクリプションによる資源消費/依存ビジネスからの転換によるビジネス機会の創出
  • タイヤ軽量化の新技術 (Enliten、SUSYMなど)
  • スタッドレスタイヤのレンタルサービスなど
  • 自動車用品の交換サービス、電動自転車のサブスクリプションモデルなど
  • タイヤメンテナンス、製品利用の最適化 (リトレッドビジネス、Tirematics、エコバリューパック、Webfleet Solutions) など
マテリアルサーキュラリティの向上
  • 再生資源、再生可能資源活用による断トツの商品のさらなる競争力強化
  • リサイクル原材料の利用拡大 (再生ゴム、再生カーボンブラックなど)
  • 天然ゴムの生産性向上、天然由来材料開発(グアユールなど)
  • リサイクル/アップサイクル、リペア/再利用などによるライフサイクル全体での価値の創造~ビジネスモデル化
  • リトレッドビジネス
  • 航空機ソリューション
  • タイヤ修理サービスなど
プロダクトサーキュラリティの向上
  • カスケードリサイクルによる新たな価値創造
  • 廃タイヤ発電、マテリアルリサイクル技術開発など
スクロール
  1. ※1省資源で持続可能な製品の設計・生産、持続可能な消費活動、使用後の製品や資源の適切な回収、再生・再利用を通じ、資源のムダを省き、環境破壊のリスクを低減させる経済システム。
  2. ※2原材料における循環性を示す概念であり、ブリヂストングループでは、使用する原材料に占める、リサイクルされた原材料及び再生可能資源由来の原材料の割合を指標として用いています。
  3. ※3使用済み製品の循環性を示す概念であり、ブリヂストングループでは、回収した使用済み製品が有効活用された割合を指標として用いています。
  4. ※4リトレッド用台タイヤを含むタイヤの総原材料重量に占める比率

サーキュラーエコノミーへの取り組み

エレン・マッカーサー財団のプログラムへの参加

サーキュラーエコノミーの実現を目指して、廃棄物を出さないようにする、製品や材料が使用され続けるようにする、自然システムを再生するといった活動が、社会全体で急速に進んでいます。

ブリヂストングループは、サーキュラーエコノミーに関する知見の獲得、他の企業や政府、研究機関との連携を目的として、2018年からエレン・マッカーサー財団のプログラムに参加しています。エレン・マッカーサー財団の豊富な知見や他社のベストプラクティスを学ぶことで、サーキュラーエコノミーのコンセプトをビジネスモデルに取り入れ、リサイクルや資源・エネルギーの有効活用を含めたタイヤのライフサイクル全体で、新たな顧客価値、社会価値の創造を目指しています。

また、当社グループはエレン・マッカーサー財団らによる、米国での再生品や中古品の販売影響に関する検討会や報告書作成に携わっています。欧州では、タイヤのリトレッドを推進する#BetterThanNewプロジェクトに参画するとともに、R2Pi consortiumと協力し、サーキュラーエコノミーによる新たなビジネス機会の創出について検討を進めています。

当社グループではエレン・マッカーサー財団が開発したCirculyticsを用いて、事業全体におけるサーキュラーエコノミーのパフォーマンスを測定しています。このツールにより、当社グループの強みは戦略と計画がサーキュラーエコノミーの原則に基づいていることである一方、再生資源や再生可能資源に由来する原材料の使用などにおいて改善余地があることを特定しました。Circulyticsの評価結果やエレン・マッカーサー財団の知見を活用し、サーキュラーエコノミーの実現に向け継続的に取り組みを進めています。