CSR

Environment(環境)|資源を大切に使う

長期目標:100%サステナブルマテリアル化

100%サステナブルマテリアル化の考え方

将来、人口や自動車台数の増加により、タイヤなどの需要も拡大することが予測されています。その結果、資源消費が増大し、資源枯渇などの問題に直面する可能性があります。ブリヂストングループは、地球の自浄能力・扶養力とバランスをとり、事業運営を行うことを目指しており、そのために必要な活動として、使用する資源を減らす(リデュース)、循環させる(リユース、リサイクル)、再生可能資源を拡充、多様化する、という3つのアクションを定めています。

100%サステナブルマテリアル化の考え方

ブリヂストングループが考える「サステナブルマテリアル」とは、単に再生可能資源を指すわけではありません。持続可能な形で事業を継続するために、以下の観点を満たす原材料を「サステナブルマテリアル」と位置付けています。

①継続的に利用可能な資源から得られる
②事業として長期的に成立する
③原材料調達から廃棄に至るライフサイクル全体で環境・社会面での影響が小さい

資源循環に関する取り組み姿勢

持続可能な資源利用に向けた長期目標を達成するために、当社では、グローバルに展開する事業の業務改善や製品設計を通じて、資源生産性の向上とサーキュラー・エコノミー(循環経済)※1の推進を続けています。
こうした取り組みは、2011年に策定した「資源循環に関する取り組み姿勢」に沿うものです。

ブリヂストングループは持続可能な循環型社会を実現するために、商品やモノづくり全体を通して、原材料、エネルギー、水資源などの限られた資源を効率的に利用しながら、社会が必要とする価値を提供してまいります。そのために、3R (リデュース、リユース、リサイクル) に関する技術革新や資源循環に貢献する商品・サービスの開発、提供に努めます。

  • ※1 従来の消費型経済のように経済成長と共に限られた資源の消費が増大していくのではなく、経済活動と資源消費が徐々に切り離されていく(デカップリング)という経済の考え方。循環経済モデルは、再生可能な資源への移行を通じて、経済資本、自然資本、社会資本を構築するもので、廃棄物や汚染を出さないようにする、製品や材料が使用され続けるようにする、自然システムを再生するという原則に基づく。

主要な活動

  1. 1.資源生産性 (売上高/原材料使用量) の継続的な向上を目指します。
  2. 2.資源の循環利用や再生可能資源の利用拡大に寄与する技術やビジネスモデルの開発を推進します。
  3. 3.モノづくりの過程において、水使用量の削減や循環利用の拡大に努めます。