2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

山田宏の「2016鈴鹿8耐ここが見所!!」 Vol.9 「柳川明選手(#87 Team GREEN)インタビュー」

7月31日(日)に決勝を迎える「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 "コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース」に向けて「ブリヂストンのモータースポーツ若大将」山田宏が、皆さまの観戦がもっともっと楽しくなる「見どころ」情報を連載記事として紹介します。

今回は柳川明選手(#87 Team GREEN)のインタビューをお届けします!

(このインタビューは2016年7月4日の公開テストの合間に行われました。)


「『行け!!』と言われればいつでも行きます!!」
山田: 全日本JSB1000クラスの前半戦を振り返ると、中須賀選手の連勝が続いていますが、第5戦SUGO(6/26)の結果ではGREENの2人には中須賀選手の背中が見えてきたのかな?、という印象です。

柳川明選手(以下:柳川): 今年バイクのモデルが新しくなり、色々な部分が大きく変わりました。今まで手を付けてなかった部分も多く、また電子制御関係はかなり進歩させたので、昨年までのデータがあまり使えないことが多かったんです。そのためたくさん実走テストをしてデータ収集をしなければいけなかったのですが、(熊本地震の影響でGREENのホームコースである)オートポリスでの実走機会が取れず、データが十分にはない状態で全日本開幕を迎えました。開幕戦での表彰台は、バイクがまとまってない中で、長く選手をやっている自分の経験みたいなものが活かせたと思っています。それ以降はレース毎にデータ収集を進めていったので、レースを進めるごとにバイクの熟成が進んでいった感じです。また8耐の合同テストでは多くの走行機会がありますので、3台のバイクを持ち込んでデータ収集を進めて、全日本の後半戦は勝てるレベルに持っていけると思います。自分は歳も歳なので、いつクビになるかも分かりません。だから、表彰台だけではなく、勝ちを取りたいです。

山田: TeamGREENはJSB1000クラスに2台で参戦されてます。柳川選手と渡辺一樹選手でどの程度データを共有しているんですか?

柳川: 100%、全てオープンです。一樹がどんなセットアップで何のメニューをしているか分かりますし、自分の内容も一樹は全て把握してます。電子制御に関しては、2人でやや好みの違いはありますが、お互いの設定を見比べたりしています。

山田: 電子制御の好みの違いと仰いましたが、タイヤスペックにも好みの違いがあったりしますか? 

柳川: 自分よりも、一樹は性能的に尖がったタイヤを使う印象です。でも、お互いが使うタイヤの特徴は理解しているので、それぞれの走行データやフィードバックも参考にできます。今年は2人のスペックの違いは大きくないですし、現状リアタイヤは同じスペック、フロントタイヤだけ違います。

(ここで偶然、渡辺選手入室)

山田: 耐久レースに向けては、悪く言えば3選手が妥協できるセットアップを、良く言えば3選手が等しく走れるセットアップが求められますが?

柳川: セットアップは、一樹に一任です(笑)。

渡辺一樹選手(以下:渡辺): そんなことないです(笑)。

柳川: 耐久では、3人全員が速く走れるセットアップにしたい。でも乗り方も違えば、背格好も違います。今年は比較的身長が同じですがね。正直これまでは、自分はチームメートペアライダーのセットアップに落ち着いてしまっていました。というのは、自分のセットにチームメートが乗ると、タイムが落ちてしまうんです。自分のセットが乗り辛いってことでしょうか。

渡辺: いやいや、そんなことないです。

柳川: 正直言うと、チームメートのセットアップで乗っても、自分はあんまり気にならないんですよ。気が付かないことさえあります。だから最終的には、個々の好みはありますが、自分の好みと異なっている部分に気を付けて乗るようにします。それでもコンスタントに走る分には問題ありません。ただ、他車と競り合うような状況下では、怖くて限界まで攻められないことはあります。

山田: 以前、柳川選手の車に渡辺選手同乗でサーキットから帰路につかれるのを見たことがあります。どんな会話をしてるんでしょうか?

柳川: 以前はキャンピングカーで来ていたのですが、今はホテル泊なので、ウィーク中のサーキットとホテル間の移動は一緒が多いです。『今日、何食べる?』とかでしょうか。

渡辺: バイクの話もしてます。どのコーナーをどう攻めるか、とかいう話も。あとは2人で、他人の悪口を言ったり(笑)。

山田: TeamGREENとして3年目の8耐。釈迦堂監督は以前、3年目で結果を出すとも仰っていましたが、今年の目標は?

柳川: もちろん優勝です。優勝しかないと思ってますし、ブリヂストンタイヤを含めてそれができる体制だと思ってます。『行け!!』と言われればいつでも行きます!!

バックナンバー

購入サポート