2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

商品のお求めとお問い合わせはお近くのブリヂストンタイヤ取り扱い販売店へお願いいたします。
各店舗の詳細は、下記、地域一覧からご覧いただけます。

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

☓ 閉じる

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及びレース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

2輪オンロードレース専用タイヤ(ドライスリック、ウェット、レーシングミニ)及びレース向けタイヤ(R10EVO、R10、BT-601SS)に関する詳細についてのお問い合わせ先は下記をご覧下さい。

2輪オンロードレース専用タイヤ及び
レース向けタイヤ お問い合わせはこちら

スペシャルコンテンツ [BRIDGESTONE×LAWRENCE] 世界最速の称号が永遠に輝くGPZ900R Ninja(後編)

このコンテンツはバイクキュレーションマガジン「LAWRENCE(ロレンス)」と協力し、リターンライダーからベテランライダーを含めたシニアライダーに向けて情報提供してゆきます。もちろん若い人たちも楽しめる内容になると思いますので、ご期待ください。
第2弾は、ビッグスポーツの歴史を変えたともいえる「Kawasaki GPZ900R Ninja」。その後編をお届けいたします。

リターンライダーという呼称が定着してきた昨今。
かつては若さの象徴のような印象があったバイクは、ゆとりのある中高年の趣味のひとつとして確立してきたようだ。
若い頃から乗り続けているベテランライダーも含め、バイクを自らのライフスタイルに取り入れるシニアライダーたちに向けて、バイクライフをより豊かに楽しむため、ロレンス流に様々な角度からシリーズとして取り上げてゆきたいと思う。
第二弾「GPZ900R Ninja」の後編。
過去にニンジャに乗ったことがある人は、またニンジャに戻ってくるという。
今回、撮影ライダーをお願いした川田正浩さん(43歳)は、20歳代でニンジャに出会い、いま現在は2台目のニンジャが愛車とのこと。また、取材のためカスタムニンジャをお借りした、ブルドッカータゴスの田子社長も、現在のニンジャが2台目だそうだ。
「ブルドッカータゴスには、たくさんのニンジャオーナーが見えますが、その傾向は確実にあるとおもいますね(田子氏)」。田子氏の場合は、あいだにBMW K1200・1300の2台をはさみ、またニンジャが愛車となったとのこと。川田氏は最初のニンジャでレースにも出場するようになり、その後DUCATI 916など数台を経て、またニンジャに戻ったらしい。「いろいろ乗ってみましたが、やっぱりニンジャでいいじゃんと(笑)ニンジャではレースもやりましたし、公道でもオールマイティで扱いやすいですね(川田氏)」。過去に乗っていたバイクにまた乗りたくなる。そんなマシンはそんなにあるものじゃない。
02_MG_ninja02_0540.jpgオリジナルのスタイルを崩すことなく、足回りを中心にカスタムされた2台のニンジャ
試乗させていただいた2台のニンジャは、外装はほぼオリジナルのままで、足回りを中心にカスタムが施されている。こういう場合、"派手さはないが..." みたいな表現になるのだが、ホイールからサスペンション、ブレーキシステムなど、徹底して高性能なパーツに交換された2台は、ただならぬ凄味を放っている。まるで、最新のスーパースポーツには負けないよ、って語りかけてくるようだ。
03_MG_ninja02_0607.jpgオリジナルフルカウルのスタイリングが逆に新鮮に映る
ニンジャのカスタムで有名なブルドッカータゴスでも、以前はパイプハンドルにアッパーカウルのみという、典型的なカスタムニンジャを多く手がけてきた。いまのようなカスタムスタイルに行き着いたのは、田子氏自身がプライベートで、ニンジャからBMW K1200・1300に乗り継ぎ、またニンジャに戻ることで経験したことが、大きな気づきになったという。
「ニンジャからK1200に乗り換えて、BMWのバイクとしての総合的な性能に、正直いって圧倒されたんです。その後、またニンジャの魅力を再認識するにつれ、長距離でも疲れないK1200・1300の優れた足回りを、ニンジャでも実現できないかと、考えるようになったのです(田子氏)」。そこで選んだのが、ハイパープロのサスペンションだという。これまで使用してきた他メーカーのものより、はっきりと固く感じられる、同社のサスペンションを中心に、田子氏のカスタムの方向性が形作られてゆく。
04_MG_ninja02_0615.jpgさすがにスーパースポーツとは較べられないが、現代のバイクとして遜色のないコーナーリング性能をもつ
そこから見えてきたコンセプトは、50歳代を中心としたシニアライダー層が、長距離を走っても疲れず、走ることを純粋に楽しめるマシンだったのだ。「カスタムというと、以前は見た目というか、ともすればゴテゴテしたものも多かったですが、これからは、乗りやすくて走って楽しいという、走りに純粋なカスタムが、求められてくるのではないかと感じています(田子氏)」
05_MG_ninja02_0495.jpg20mmアップしたシートでやや腰高なポジションとなっている
シートを20mm高くしているのも、シニアライダー層が長距離ライディングでも疲れず、純粋に走りを楽しめるようにと考えたものだという。「レーシーな雰囲気にするため、あるいは足付き性をよくするなどの理由で、これまではシート高を低くする方も少なくありませんでした。ただ、大型バイクで単純にシートを低くすると、シートの幅が広くなりかえって足付きが悪くなることもある。なにより、バイクは足をついて乗るものではなく、走っている時間が大半なわけですから、乗りやすさや長距離走行での快適性を追求していったら、この20mm高いシートという解答を得たわけです(田子氏)」。
このライディングフィールはちょっとした驚きだった。シニアライダー代表のような私にとって、低いシート高と後退したバックステップの組み合わせは、スポーティなバイクを象徴するようなところがあった。ところが、このニンジャのやや腰高なポジションに慣れてくると、実にライディングに無理がないことに気がつく。膝の曲がりが穏やかになることで、長距離のツーリングでも膝が痛くなることが少ないであろう。これ、私も含めて意外と悩まされているシニアライダーは多いのでは(笑)
06_MG_ninja02_0579.jpg前後17inchのホイルにはBRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T30 EVOを装着
また、マシンの挙動を直接コントロールするサスペンションを中心とした足回りは、もっとも重要な要素だろう。前述のようにこのカスタムニンジャには、通常よりも固く感じられるサスペンションが選択されている。この固めの足回りが長距離を走ると違ってくるのだという。
前後17inchのアルミホイールに装着された「BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T30 EVO」が足元を固める。スポーツツーリングというカテゴリのタイヤだが、このカスタムニンジャのコンセプトにもマッチしている。「このニンジャは悔しいけど、ボクのニンジャとはまったく別物といってもいいですね。サスペンションの動きがとてもよくて、路面の感触がよく伝わってきます。このT30 EVOも、ツーリングタイプとは思えないグリップ力ですね(川田氏)」。
07_MG_ninja02_0637.jpgセパレートハンドルはパイプハンドルより路面の情報をダイレクトに伝えるというメリットがある
20年という長きにわたり進化を続けてきたGPZ900R Ninja。その歴史は、そのマシンに乗るライダーたちや、ブルドッカータゴスのようなカスタムチューナーの試行錯誤にも支えられてきたのだ。そして旧車となって久しい現在も、ニンジャはこうして進化し続けている。田子社長にニンジャをはじめとした旧車の魅力を聞いてみた。「ちょっとした不具合を楽しめることでしょうか。古いバイクなので、性能に不満なところは少なくない。いまは優れたパーツがいろいろありますから、その不具合をチューンアップで解決してゆくのが面白いですね。それに、バイクを操っている感覚を、より実感できるところも魅力でしょうね(田子氏)」。
08_MG_ninja02_0634.jpg吟味された高性能パーツで固められた美しい足回り
実は、私もかつてニンジャ乗りであった。1985年に登場して間もない初期型のGPZ750R Ninjaに乗っていたのだ。ハタチそこそこの私には、当時最新マシンだったニンジャは無敵に思えたものだ(笑)。あれから30年の時を経て、いまもニンジャは現代のニーズに最適化され生き続けている。
ブルドッカータゴスのカスタムニンジャは、シニアライダーが無理なく、1000kmの長距離ツーリングを楽しめる性能を目指したという。この性能は長距離に限らずあらゆるシーンで、それに乗るライダーに喜びを与えてくれるだろう。そしてなにより、オリジナルのスタイリングを大切にしながら、走りに直接重要となる足回りに惜しげもなく高性能なパーツが投入され、全体のバランスがとても美しい仕上がりとなっている。これぞ大人のカスタムといっていいのではないだろうか。
シニアライダーにとってニンジャといえば、映画トップガンや漫画キリンで、憧れたマシンだろう。現代の"最新式ニンジャ"は、そんな世代があらためて惚れることのできるマシンとなっていた。「もちろん、若い人たちにも乗ってほしい。トップガンやキリンを通っていない若い人たちには、フルカウルのニンジャが、逆にカッコよく写るのではないかと期待しています(田子氏)」。

LAWRENCE編集長 二上善則
lawrence_logotitle0509.jpg


バックナンバー

購入サポート